ヒクイナを紹介します。
いつもの散歩で出会いました。初めて出会ったのは1月1日の散歩でした。
その時はカワセミと一緒に居ました。

ヒクイナは胸のところが赤くて。背中が鶯色で綺麗な鳥です。
DSCF7898 (2)


クイナ
こちらはクイナです。体の大きさは同じくらいですが、体全体に模様があって
ヒクイナとは色が全く違います。
クイナヒクイナは同じ場所に住んでいますが
あまり仲は良くないみたいです。
ヒクイナが逃げ回っています。
クイナの顔は目がなんかきつい感じがします。くちばしもとがっている感じです。
DSCF4533 (2)

でも、カワセミヒクイナは仲良しみたいです。
カワセミがとまっている枝の下で、ヒクイナはのんびりとエサをつついていました。
DSCF3486 (2)

ヒクイナは胸だけでなくて目も赤色です。
DSCF6460 (2)





川の中を泳いで向こう岸に渡るところです。あまり泳ぎは上手じゃないみたいです。
DSCF5870 (2)

この枯草の穴の中に入っていきます。
この穴は中でつながってるらしく、他の穴から出てくることができます。
DSCF6466 (2)

お尻の後ろがちらりと見えて、シマシマのフリルみたいで
可愛い!!(*^▽^*)
DSCF7890 (2)

ピッと尾羽を上げて、お尻のシマシマが素敵!
DSCF6547 (2)

水辺でエサを探しているところです。
DSCF6457 (3)

きょろきょろとあたりを警戒しています。
DSCF6453 (2)

クイナは顔がきついけれど、ヒクイナは顔が穏やかで
なんかヒクイナの方が好きです。
DSCF6458
エサを探してつついています。
DSCF6508
歩くときはこんな感じで、タッタッタッと素早く
走るように動きます。
DSCF4037 (3)

警戒心が強くて、クイナが近くに来るとさっと逃げたり、穴に入ってしまいます。

ヒクイナ(緋水鶏・緋秧鶏) ruddy crake, ruddy-breasted crake
ツル目クイナ科。全長22.5cm。東北以北では夏鳥で、それより南では漂鳥または留鳥。湖沼や川・水田やあし原に生息し、昆虫や小魚・草の実も食べる準絶滅危惧。