一日目

唐松岳から登って五竜岳まで2泊3日で縦走しました。
天気予報がよさそうだったので登りました。
でも、1日目は快晴でしたが2日目の夜中から雨が降り始め、下山は雨の中となりました。
天気予報はコロコロ変わります。

八方駅からゴンドラで8分⇒リフト7分⇒リフト5分と 3回乗り継いで八方池山荘までの空中の旅を楽しみます。 
DSCF1375ss

そこから、まず八方池まで登ります。
日曜日だったせいもあって、人がいっぱいで登山道は渋滞しているところもありました。
でも、白馬の山々が美しく、眺めていると、渋滞もそれほど苦になりませんでした。
DSCF1431ss


DSCF1438ssname

DSCF1350namess

いたるところに高山植物がきれいに咲いています。

タカネマツムシソウ
DSCF1388ss

シモツケソウ
DSCF1392ss
ミヤマダイモンジソウ と ハッポウウスユキソウ
DSCF1441ssDSCF1562ss
エゾシオガマ と ベニバナイチゴ
DSCF1751ssDSCF1692ss


やっと八方池についたのですが、ここも人でいっぱいです。
八方池に映る白馬三山を期待したのですが、風があって湖面にはさざ波が立って山は映っていませんでした。
DSCF1459ss

八方池でお昼にしました。食べていると、波が少しだけ静まってきました。
はっきりとは見えませんでしたが、少しだけ山の映った八方池を見ることが出来ました。

八方池の波が少し静まりました。
 左:不帰1峰     中央:天狗の頭(2812m)     右:白馬鑓ヶ岳(2903m)
DSCF1516ss

八方池からのパノラマ

DSCF1515ss



八方池を過ぎると急に人が少なくなり、登山道らしくなります。
高山植物や景色を楽しみながら、ゆっくりと唐松岳を目指して登ります。

ハクサンシャジン と イワシモツケ

DSCF1553ssDSCF1615ss


アズマギク と ウメバチイソウ
DSCF1490ssDSCF1545ss

クガイソウ と ミヤマアキノキリンソウ
DSCF1468ssDSCF1558ss

イブキジャコウソウ と ハクサンタイゲキ
DSCF1556ssDSCF1575ss
ハクサンチドリ と タテヤマウツボグサ
DSCF1593ssDSCF1621ss
ハクサンシャジン と オオサクラソウ
DSCF1633ssDSCF1653ss
ミヤマキンポウゲ と サンカヨウ
DSCF1659ssDSCF1674ss
エンレイソウ と キヌガサソウ
DSCF1723ssDSCF1701ss
ハクサンシャクナゲ と イワカガミ
DSCF1746ssDSCF1786ss
ムシトリスミレ と オオヒョウタンボク
DSCF1831ssDSCF1703ss

登山道から不帰の嶮や白馬三山が良く見えます。

           白馬三山
DSCF1744namess

DSCF1818ss
タカネヤハズハハコ と イワカガミ
DSCF1852ssDSCF1853ss
ゴゼンタチバナ と ネバリノギラン
DSCF1863ssDSCF1872ss
ツマトリソウ と ウラジロナナカマド
DSCF1911ssDSCF1755ss
コバイケイソウ と ミヤマダイコンソウ
DSCF1906ssDSCF1917ss
ハクサンイチゲ とミヤマキンポウゲ
DSCF1934ssDSCF1942ss
ウサギギク と ツガザクラ
DSCF1947ssDSCF1924ss

他にもたくさんの花が咲いていました。全部載せきれませんでした。

唐松岳山荘に着きました。
DSCF1954ss

小屋に荷物を置いて、唐松岳の山頂に行ってきます。

    唐松岳山頂  ヤッホー
DSCF2036ss

素晴らしい360度のパノラマが見れました。

唐松小屋 と 五竜岳 方面
DSCF1970ss

五竜岳 と 立山連邦方面
DSCF1972ss

中央は 剱岳 
DSCF1992ss

不帰の嶮  白馬鑓 白馬 方面
DSCF1975ss

DSCF1991ss

コマクサ 小屋の近くにたくさん咲いていました。
DSCF2073ss

唐松岳の夕暮れ

唐松岳の小屋から剱岳が目前に見えます。
DSCF2201ss

黒い剱岳のシルエットの後ろに夕焼けが時間とともに赤みを増していきました。
DSCF2228ss