秋の白馬三山に登りました。
1日目は猿倉から白馬鑓温泉まで
2日目は白馬鑓温泉から白馬山荘まで
3日目に白馬の大雪渓を下山して白馬尻を通り、猿倉まで戻ってきます。

今日は猿倉から歩き始め、小日向山のコルを通って白馬鑓温泉まで登り一泊します。
約5時間歩く予定です。

猿倉に車を止め、猿倉荘で登山届を出します。
DSCN1268

猿倉荘
DSCN1270
15分ほど歩くと、白馬鑓温泉と白馬尻荘への分岐があります。
道なりに行くと白馬の大雪渓の下白馬尻に1時間で出ます。
私たちは白馬鑓温泉の方に向かうので、脇道に入ります。
白馬鑓温泉まで、4~5時間と書いてあります。
DSCN1276
うっそうとした森林の中を登り始めます。
DSCN1277
きれいな実や花が現れて目を楽しませてくれます。
マイズルソウ              ガマズミ
DSCN1281DSCN1286

DSCN1295DSCN1311

DSCN1314DSCN1318

DSCN1327DSCN1338

DSCN1335DSCN1342

DSCN1344DSCN1352

吾亦紅
DSCN1358
2時間ほど登ると、見晴らしがよくなりました。
草がきれいに色づいています。山は秋です。
DSCN1384

DSCN1386

DSCN1398DSCN1409
小日向ノコルに出ました。
約半分きました。まだまだ先は長いです。
DSCN1416
ここから少し下ってまた登ります。
小日向山のコルからかなり下りました。そしてここからまた登ります。
DSCN1425
先ほどとは違う花が咲いていました。
DSCN1433DSCN1439

DSCN1443DSCN1452

DSCN1457DSCN1462
花を楽しみながら登っていると
はるか彼方に白馬鑓温泉小屋が見えました。
小屋の下までトラバースして、そこから急坂を小屋まで登ります。
BlogPaint

DSCN1465
そしてここからは花の道でした。
ゆっくりと花や景色を楽しみながら歩きました。
DSCN1492DSCN1494

DSCN1496DSCN1503
雪解け水で川が滝のようになっています。
この川を渡っていきます。
DSCN1477
木の橋がかかっています。こういうところが3か所くらいありました。
DSCN1514

DSCN1518DSCN1523

DSCN1521DSCN1527

DSCN1530DSCN1541

DSCN1548DSCN1550

DSCN1560DSCN1564
小屋の下のには雪渓で水が勢いよく流れています。
DSCN1570
ここにも橋があります。
DSCN1573

DSCN1577
小屋のすぐ下あたりはお花畑でした。
九月下旬なのに、ニッコウキスゲやウサギギクやクルマユリなのが咲き乱れています。
DSCN1579DSCN1586
採って食べました。
DSCN1592DSCN1608

DSCN1646DSCN1656
クルマユリの群生があって見事でした。
DSCN1660

DSCN1637
小屋への登りは結構急斜面なんですが、道の両側が花だらけでした。
花を見ながら登っていたら、いつの間にか小屋についていました。
DSCN1683
白馬鑓温泉です。
DSCN1688
小屋から温泉のお湯が川のように流れて、湯気がもくもくと上がっています。
DSCN1689

DSCN1687
露天は男女混浴です。お風呂に入りながら、雄大な景色や朝日を見ることが出来ます。
下に足湯もあります。
DSCN1697
まわりを囲ったお風呂もあります。
そちらは時間によって男女入れ替わります。
DSCN1696
女性は水着を持ってきている人が多く、ほとんど人が露天に入っていました。
男性は、タオルを腰に巻いて入っていました。
私は水着は用意していかなかったので、囲いのある露天に入りました。
お風呂を独り占めでとても気持ちよかったです。

温泉に入って来るかけ流しの湯量がものすごく、それがそのままお風呂の外に川となって流れていきます。
お風呂から流れ出たお湯です。
DSCN1690
夕食はハヤシライスでした。デザート付きです。
ハヤシライスとみそ汁はお代わり自由です。
DSCN1699
朝は部屋の窓からご来光を見ることが出来ました。
DSCN1728
下の露天ぶろに入りながら、日の出を見ている人もたくさんいました。
DSCN1742
素晴らしい朝です。
ヘリコプターが朝から荷揚げをしていました。
DSCN1751

白馬鑓温泉 (はくばやりおんせん)
DSCN1466

猿倉から約5時間で行けます。
白馬鑓ヶ岳中腹の標高2,100メートル地点にあります。
遅くまで雪渓が残るため、9月中旬まで高山植物の群生を見 る事ができます。
鑓温泉は標高日本一の天然湧出量(毎分760リットル)を 誇っています。
神経痛、筋肉痛、関節痛等に効果があります。


雪解けの6月頃に建築されるプレハブ型の山小屋です。
例年7月上旬から9月下旬だけの営業で、期間外は閉鎖されます。
建物は雪崩による崩壊の危険がある所にあるため、秋になると解体されます。

私たちが泊まった翌週には閉鎖され解体が始まります。