エベレスト街道6日目
Zam Futeからルクラまで歩きます。
パクディンまでは下りですが、そこからルクラまでは登りになります。
2DSCN6438-10map
朝、部屋のカーテンを開けると庭に明かりがついていました。
DSCN2824
朝食は消化の良いネパールラーメンにしました。
DSCN2832
宿を出発するときに、ご主人と娘さんが首に黄いスカーフのようなものをかけてくれました。
そしてずっと見送っていてくれます。
DSCN2835
宿の上にカルチョが付いている家は仏教の家だそうです。
ここのご主人は僧侶でもあるそうです。
それで、出るときに宗教的な布を首にかけてくれました。
現地ガイドさんに結び方を教えてもらって、首につけて歩きました。
パクディンの宿泊した宿の前を通ります。
DSCN1221

DSCN2852
蘭の花もまだ咲いていました。
DSCN2858

DSCN2860

DSCN2864

DSCN2865
マニ石のお経を白いペンキで塗っていました。
DSCN2868

DSCN2870
カラスみたいな鳥がいましたが、嘴が真っ赤です。
DSCN2886
お店に美味しそうなものが売っていました。
DSCN2890
来た時は蕾しかなかったのに、花が咲いていました。
ネパールの国の花リラグラス(しゃくなげ)です。 
見れないと思っていたので、感激です。
私たちがナムチェに行っている間に咲いたようです。
DSCN2895
コブシの花も咲いていました。 もうすぐ3月です。
DSCN2921
来るときについてきたガイド犬が「お帰り~」というように迎えてくれました。
DSCN2949
 高度が下がったせいか花が沢山小さな可愛い花が咲いています。DSCN2964
 
DSCN2972
お昼は
岩にへばりつくようにゴンパが見えた村で食べます。
DSCN2988
中はとても広いです。
DSCN2993

DSCN3003
ミルクティを飲んでひと休みします。
DSCN3000
昼食作るのに時間がかかるということで、あの岩にあるおゴンパ(お寺)に行くことにしました。
DSCN2984-1
お坊さんが居たら中に入れてもらえるそうですが、カトマンズに行ってしまって留守だとか。
残念です。
建物まで行ってみます。
DSCN3005
結構な登りです。
DSCN3016
坂は日当たりが良い花が沢山咲いています。
DSCN3008

DSCN3012

DSCN3019

DSCN3020

DSCN3021
すごいところに建っています。
DSCN3034
玄関まで行ってみることにしました。
DSCN3036

DSCN3061
下から見上げても怖いくらいの斜面です。
中に入れなかったのがとても残念でした。
お寺のすぐ下にある建物は、お祭りなどで人が集まるところだそうです。
ここで、食べたり飲んだりするそうです。
DSCN3057
下を見ると村が見下ろせます。
DSCN3058
下って来ると水車がありました。今は水がないので回っていません。
DSCN3101
下の位四角い穴の中に水車が見えます。
DSCN3100
レストランに戻ると食事が出来ていました。
DSCN3114
 広い台所です。
DSCN3115
こちらが食堂です。
DSCN3130
カレーのソースにつけて食べます。
DSCN3120
食べやすくて美味しかったです。
おかわりももらえます。
DSCN3121

DSCN3122
ザクロのジュースを飲みました。
大きな樫の木のところに来ました。
DSCN3132
来た時はここで休みました。
DSCN3136
 
DSCN3141
 
DSCN3150

DSCN3151
エベレスト街道の入り口の門が見えてきました。 
DSCN3157-1
ゴールです。エベレスト街道が終わりました。
DSCN3168

DSCN3174
ルクラに着きました。 
DSCN3185

DSCN3191
ルクラでの今夜の宿に着きました。
DSCN3200
入り口です。
DSCN3205
食堂は広いです。
DSCN3206
部屋はこんな感じです。
DSCN3214
窓から外を見ると鶏が遊びに来ていました。
そして網の外の石垣は道で、窓のすぐそばを人や、牛が通ります。
DSCN3219
水回りです。でも、工事中で部屋のシャワーは使えないそうです。
そして、村では電気は夕方にならないと使えないのだそうです。
ガスのシャワーが別にあるとのことでしたが、それがとんでもないシャワーでした。
屋上にあって、電話ボックスみたいです。
脱衣所も何もありません。
吹きさらしで外から丸見えです。そして湯沸かし器は30くらいにか温度が上がりません。
シャワーはあきらめました。
今夜のお客さんは私たちだけです。
DSCN3216
今夜はずっと荷物を運んでくれたポーターさんにお礼を言います。
いつも入れ違いではっきり顔を見たことがありませんでした。
今日はめて顔をじっくり見てお話をしました。
小柄の男性二人でした。とても感じの良い方たちでした。
DSCN3228
このバックに私たちの荷物が入っています。
ポーターさんはこれを二つづつ毎日背負って運んでくれました。
ポーターさんが居なかったら、私たちは登ることは出来ませんでした。
本当にありがとうございました。
DSCN2810
一緒にビールで乾杯です。
DSCN3234

DSCN3236

DSCN3237
そして夕食です。
DSCN3241

不思議なことにナムチェの宿以外は、お客さんはほとんど私たちだけでした。
道を歩いていてもほとんどトレッキングしている人に会いませんでした。
でも、今日道ですれ違った日本人の話でその理由がわかりました。
飛行機の欠航で、ルクラに来る予定が2日遅れベースキャンプの目的地までは行けなくなったそうです。
このところ天候が悪く、ルクラに来る飛行機が欠航したり本数が減っていたそうです。
宿がすいていたり、トレッキングの人にあまり会わなかったのは、
飛行機が欠航してルクラに来ることが出来なかったのだということが分かり驚きました。

私たちは予定通りルクラに来れましたが、とても運がよかったことが分かりました。

そして明日、カトマンズに帰る飛行機が飛べるのかが、わかりません。
飛んだとしても一日10便くらいですが、何便が飛べるのかもわかりません。
明日は早起きして空港に行って、一便に乗ることにしました。

今夜は早く寝ます。