エベレスト街道3日目

モンジョ(Monjo)2835mからナムチェ(Namche)3440mに登ります。
今日は一気に600mを登ります。
2DSCN6438-4map
朝は消化を考えてミルクティと野菜ツナサンドにしました。おなかの調子が心配です。
DSCN1593

DSCN1597
朝の聖なる山クーンビラ(Khumbila)5761m
DSCN1598-1

DSCN1599-1
ここで国立公園のに入るための許可証を提示してRs3000を払って入園します。
DSCN1601
この建物で手続きをします。
DSCN1607
馬がとぼとぼ歩いていきました。
DSCN1603
そして門を通て歩いていきます。
だいぶ慣れましたが、なんて自由なんだ!
DSCN1605
この門を抜けると国立公園です。
DSCN1617
マニ石はお経を浮き彫りにしたものです。
DSCN1627
今日は三つの橋を渡ります。
一つ目の橋が見えてきました。
DSCN1630
つり橋大好きです。
DSCN1638
足の下
DSCN1644
下はドゥード・コシ川
DSCN1646
渡り終えて振り返ると
DSCN1650-1
 しばらく歩くと、2つ目の橋が見えてきました。
DSCN1652

DSCN1654

DSCN1661

DSCN1665
さらに、三つめの橋が見えてきました。
この橋はヒラリー橋といいます。
この橋は標高差が600mあります。
DSCN1699-1
二つの橋が見えますが、下の橋は昔の橋で今は使っていません。
上の橋が今使っている橋です。
この橋が川から600mの高さにあります。
私はこの橋を渡るのをとても楽しみにしていました。
DSCN1707

スナップショット 2 (2017-03-16 9-36)
橋から下を見ると
スナップショット 1 (2017-03-16 9-35)
下の橋はもう使っていません。とても迫力のある橋でした。
DSCN1721
橋を渡るとナムチェまでの急な600mの登りが始まります。
ここが一番のきつい登りです。
頑張って登っていくと途中にトイレのある丘が見えてきます。
DSCN2473
ここからエベレストを見ることができます。
DSCN1731
木々の間からエベレスト(チョモランマ・・・チベット語)(サガルマータ・・・ネパール語)が見えます。
DSCN1729
やっと、念願の世界最高峰のエベレスト(Everest)8848mを見ることが出来ます。
エベレストの前にはヌプツェ(Nuptse)7879mが見えます。
エベレストはその後ろに重なるように見えています。
DSCN1742
エベレストの右隣にローツェ(Lhotse)8516mが見えます。
DSCN1746-1
反対側にはコンデリ(Konde Ri)6186mも見えます。
DSCN1765-1

DSCN1764
初めてみるエベレストの姿に元気をもらって、
更に急な坂道を登ります。
ここでサガルマータ国立公園の入山証明書を発行してもらいます。
DSCN1771
そしてまた坂道を登ります。
そして道が少し緩やかになってきました。
スナップショット 3 (2017-03-16 9-37)
石造りの家が見えてきました。
ナムチェはもうすぐです。
DSCN1775
今まで山道だけで何もなかったのに、急に人の生活の匂いがしてきます。
放し飼いの鶏が大騒ぎしています。
DSCN1782-1
コンデリが迫力で見えます。
左の山の白い川の様なのは滝だそうです。
でも今は凍り付いて氷の滝になっています。
DSCN1787
迫力の山を見ながら前に進みます。
DSCN1792-1
遂にナムチェの村3440mが見えてきました。
DSCN1803
ナムチェの入り口の門が見えてきました。
やったー!着きました。
DSCN1812
ナムチェは3440mとは思えない光景です。
DSCN1834
富士山くらいの高さなのに、人々が普通に暮らしています。
DSCN1839
コンデリを見上げるナムチェ・バザール
DSCN1842

DSCN1847
商店街を通てホテルに着きました。
山の中に突然別世界が現れた感じがしました。
DSCN1854
ホテルのレストランで、ひと休みです。
DSCN1857
 部屋はこんな感じです。ベッドには電気毛布が入っています。今夜は寝るのが楽しみです。
DSCN1864
窓からの眺めが素晴らしいです。
DSCN1870
窓を開けるとタムセルク(Thamserku)6608メートが目の前に見えます。
DSCN1872
クスムカングル6367mも見えています。
DSCN1873
眺めが素晴らしい宿です。ここで2泊します。
レストランで昼食を食べます。でも、私たちは食欲がありません。
DSCN1877

DSCN1879

DSCN1883
ナムチェ3440mは高山病になるかならないかの分け目の高さだそうです。
ここで高山病にならなかった人は明日も大丈夫だそうです。
でもここで高山病になったら、ちょっと危ないとのことでした。
私たちは高度になれるように少しずつ3日に分けて登ってきました。
でもやはり、ちょっと歩くと息が切れるし、息苦しさがあります。
酸素ボンベを一つ買ってみんなで吸てみたら、気持ち悪いのが取れて元気になりました。
酸素ボンベの力はすごいです。
DSCN1884
レストランの窓からの眺めも素晴らしいです。
DSCN1887
元気になったところで、ナムチェバサールのお店を見学して買い物をしました。
私は耳当ての付いた毛糸の帽子を買いました。
ナムチェバザールには何でも売っています。
DSCN2419
夕日を見にチョルクンの丘にある国立博物館の庭に行くことにしました。
町の中の道を通って丘へ登ります。
丘に着きました。
このゲートをくぐっていきます。
DSCN1890
もう一つ門アーミーゲートをくぐります。
DSCN1891
着きました。でも、
残念なことに霧で見えるはずの山々は何も見えませんでした。
この像は初めて酸素ボンベを使わず無酸素でエベレストを登った人だそうです。
この像の後ろに山が見えるはずでした。
DSCN1897
丘から下っていく途中に学校がありました。3440メールにある学校です。
ここの子どもたちはこの学校に通っています。
DSCN1900
ナムチェの村を見下ろします。
DSCN1903
夕食はお粥とニンニクスープにしました。どうもおなかの調子がよくありません。
DSCN1909

明日は二つ心配なことがあります。
お腹の調子と、天気です。
今夜は電気毛布の布団に入って、久しぶりに暖かくして眠ることが出来ます。
明日晴れますように!!!!