エベレスト街道2日目

パクディン(Phakding)2610m から  モンジョ(Monjo)2835m
今日は約225m高度を上げます。
昨日はほとんど下りでしたが、今日はアップダウンを繰り返しながら少し登ります。
2DSCN6438-8map
朝食はトーストと卵ミルクティです。
ネパールに来てからおなかの調子が悪くて、正露丸を飲んでいました。
水はペットボトルの水だけを飲んで、すごく気を付けていたのですが・・・
それで朝は消化の良いパンにしてもらいました。
DSCN1260
ホテルの後ろの山が明るく光っています。
DSCN1277
良いお天気そうです。
DSCN1275-1
さあ出発です。
DSCN1284
ドゥード・コシ川(Dudh Kosi)に沿って歩きます。
DSCN1294-1
そしてつり橋を渡ります。
DSCN1299
今日もマニ車を回します。今日も無事に歩けますように。
DSCN1309
3日後の帰り泊まる予定のホテルの前を通り過ぎます。 
DSCN1312
このおじさんはエベレスト街道をボランティアで直している人です。
このおじさんのおかげで、道が整備されています。
資金はカンパなので、少し入れさせてもらいました。
DSCN1331
ありがとうございます。
DSCN1332
ドゥード・コシ川(Dudh Kosi)に沿ってアップダウンを繰り返しながら歩きます。
DSCN1333

DSCN1334

DSCN1335
タムセルク6608mが見え始めます。
もうすぐベンカール(Benkar)です。
DSCN1353
小さな滝のようなところがありました。
DSCN1380
サクラソウに似たきれいな花が満開でした。
DSCN1374-1
 ベンカールの峠の茶屋みたいなレストランで、お茶休憩です。
DSCN1364
 
DSCN1386
ミルクティーです。
DSCN1389
ここからは、タムセルク6608mがよく見えます。  
DSCN1405-1

DSCN1408-1
マニ石とタムセルク
DSCN1413-1
そしてつり橋を渡ります。
DSCN1417
そして目の前にクーンビラ5761mの山が見えてきました。
DSCN1419-1
この山は聖なる山です。それなので、この山に登ることは許されていません。
DSCN1423-1
現地ガイドのソナム(SONAM)さんのお店と家があります。3階建てです。
ソナムさんの本当の家はカトマンズにあるのだそうです。
小学校に通っている娘さんはカトマンズの家で祖父母と暮らしているそうです。
そして、下の娘さんとソナムさんと奥さんはここに住んでお店をしています。
こちらでお店を持ってる人は、ほとんど首都カトマンズにも家を持っているそうです。
結構豊からしいです。
DSCN1429
このお店の前で、奥さんからミルクティとクッキーを頂きました。
ソナムさんのお子さんがお父さんを見つけて嬉しそうです。
この辺にはソナムさんが沢山います。
それで、誕生日の月でどのソナムさんか区別するのだそうです。
何月生まれのソナムさんっていう感じだそうです。
DSCN1427
また、橋を渡ります。
右の小屋には水車が入っているそうです。
DSCN1436
ゾッキョが来たので道をあけたのですが、こちらには来ないで、手前で曲がって
彼らは川の方に下りていきました。
DSCN1441
そしてのんびりと水を飲み始めました。
飼い主らしい人は見つかりません。2頭だけで歩いてきたのでしょうか?
ネパールの人と動物の関係は不思議です。
信頼しあっているのか、お互いを干渉しません。
そして、動物は優しい目をしていて、とても穏やかです。 
動物は監視しておくもの、つないでおくものという私の概念が崩れ落ちました。
DSCN1442
 今日の目的地モンジョ(Monjo)2835mの入り口です。
DSCN1448
今夜の宿です。
DSCN1452
中は広くて気持ちがよいです。
DSCN1457-1
 
DSCN1458
部屋はこんな感じです。
お湯の入ったポットもあります。
でも、やはり暖房はなく隙間風が入るので、布団をもう一枚もらいました。
DSCN1464
ここもバスタブがないので、シャワーを使うと床は水浸しになります。
そして、途中で急にお湯が水に変わったりします。
途中で逃げ出すこともできず、水シャワーを浴びなくてはいけません。
私たちは、ここのことをよく分かっていませんでした。
日本のようにたっぷりのお湯でシャワーに入ろうというのが間違っていました。
ここではお湯は貴重で、シャワーなんてめったに入らないようです。
DSCN1463
 昼食はトゥクバ(焼うどんみたいなもの)とモモ(ネパールの餃子) 
DSCN1473
チキンモモ 美味しかったです。
DSCN1475

まだお昼です。体力も時間も余っています。
高山病対策のために、ちょっとずつ高度を上げているので無理はしません。
午後は、モンジョの村を散策することにしました。

ネパールの学校は金曜日は半日です。ちょうど子供たちが学校から帰ってくる時間になりました。
DSCN1477
近くにある学校を見に行くことにしました。子どもたちは帰った後で誰もいません。
DSCN1492 
ここの学校はたくさんの援助でできていました。
援助した人たちの名前が職員室にありました。日本人の名前もありました。
DSCN1499
学校全体です。  
DSCN1530
その後学校のすぐ上にあるゴンパ(寺院)に行きました。
なんか罰が当たりそうな気がして、写真を撮るのはやめました。
入口の階段だけ撮りました。
DSCN1488
お寺のすぐ下は明日通る予定の道です。
ジョルサレ(Jorsale)には国立公園事務所があります。
この建物から向こうは国立公園になります。
ここから向こうは許可書がないものは人間も動物も入ることが出来ません。
明日はここで許可書(有料)をもらって入ります。
DSCN1517
馬が勝手に歩き回っています。
DSCN1536

DSCN1541-1

DSCN1545

DSCN1546
丘の上にあるゴンパ(寺院)に行きました。
DSCN1564
お寺の中に入れてもらいました。
許可をもらって写真も撮ることが出来ました。
DSCN1555
ここも地震の時には崩れて大変だったそうです。
DSCN1560

DSCN1561

DSCN1569
ホテルに戻ってのんびりしていると夕食の時間になりました。
何しろお腹の調子が悪いので、消化の良いものを頂きました。
ニンニクのスープ(高山病に効くのだそうです。)
沢山のニンニクが入っていて、かきまわすとスープの中に雪が舞っているようです。
刺激が強すぎて、上のスープのところだけ飲みました。
DSCN1575
これはネパールのラーメンです。美味しいです。気に入って何度も食べました。
DSCN1576
食後、ストーブの周りに集まってなごみます。
得体のしれないネコも参加です。
ストーブの一等席を陣取っていますが、ここのホテルのネコではありません。
どこかから勝手に入り込んだ猫です。
ここの生き物はなんて、気ままで自由なんだ!
私はもしどうしても動物に生まれなくてはならないなら、ネパールの動物に生まれたいと思います。
DSCN1587-1

こちらの人は寒さになれているみたいで、ストーブはあんまりつけないみたいです。
お願いしてつけてもらいました。
よく朝の朝食時はつけてもらえませんでした。

2月というのもありますが、日本と違って暖房がなく、部屋も布団も寒くて正直つらかったです。