友人とドライブ旅行です。目的地はカナダのブルーマウンテン。
ブルーマウンテンはとても遠いので、
途中ニューヨーク州のフレドニアで一泊します。
朝早く出て、高速道路に乗ります。
10時間のドライブです。
DSC_3838map2-1
シカゴから高速道路に乗ったのですが、
片側4車線上り下りで8車線、すごい車の量です。

そしてトラックの大きいこと!!!
日本では見たことのない大きさのトラックでド迫力です。
顔つきもダースベーダ―みたいな厳つい顔のトラックです。
煙突がつているトラックもあります。
並行して走っていると、すごい圧迫感で心拍数が上がります。
なんだか、怖くてドキドキして、ドライブを楽しむと言うよりも怖かったです。
DSCN1949

DSCN1947

日本の高速道面路とはだいぶ違います。
まず道路面がガタガタ。
そしてドライブインというものがほとんどありません。
ただ、道路が延々と続くだけです。
休みたいときは、一度、高速を降りてお店に寄ったりトイレに行ったりします。
そしてまた、高速に乗ります。
DSCN1939
途中で渋滞がありましたが、電光掲示板のようなものも、高速道路情報もなく、
渋滞の様子が全く分かりません。
そして、突然、途中強制的に全部の車が高速を降ろされました。
でも、なんでなのかもわかりません。
スマホで調べて、大丈夫そうなところまで一般道を走って、また高速に乗ります。
アメリカの高速道路にはびっくりです。
日本の高速道路には塀がありますが、そういうものはありません。
一見普通の道です。
DSCN1929
何時間か走って、車線が減り、車の量も減ってきました。
やっとドライブを楽しむ気分になれました。
緑が多くなるとホッとします。
でも景色がほとんど同じで、運転手さんは眠くなりそうで大変です。
山も川もなく、ただ平地の中の道路だけ、同じような景色が延々と続きます。
だけど、私は初めてなので、それも珍しく飽きませんでした。

車に乗って10時間、お尻が痛くなる頃にフレドニアに着きました。
エリー湖に夕日が沈み、美しい茜色の空が見えました。
フレドニアのホテルに着いた頃にはもう日が暮れかかっていました。
そして、同じアメリカなのに時刻の変更があります。
シカゴより1時間時計を戻しました。

フレドニアのホテル、ここで一泊します。
プールもあったり、飲み物も自由に飲めて居心地の良いホテルでした。
DSCN0635

翌朝早くまたドライブです。
今日は国境を越えてカナダに入ります。
DSC_3838map2-3

国境を超えるのはドキドキでした。
国境近くになると、検問が見えてきました。高速道路の料金所みたいな感じです。
パスポートを見せたり、色々聞かれたりします。
同乗者も顔を見せるように言われたり、目的や滞在期間なども問われます。
友人が信用あるIDを与えられていたので、車の検査はされなくて済みました。(*^。^*)
やっと、アメリカからカナダ側に入ることができました。

ところが、大変なことが。!!!!!
カナダ側に入った途端に、ナビが使えなくなりました。
アメリカ専用のナビでした。

カナダに入っても風景はあまり変わりません。
でも、突然変わったものがあります。
道路の表示がアメリカではマイルだったのに
カナダに入った途端にキロメートルになりました。
ガソリンもアメリカ側では一ガロンの値段でしたが、
カナダ側になった途端にリッターいくらになりました。
私にはカナダの表示の方がなじみやすくて、なんかほっとした感じでした。
カナダのドライバーはスピードを守り、とても穏やかな感じでした。

とりあえずトロントへ。
DSCN0639
後はお店で道を聞いたり、地図を見たりで、すったもんだしながら
6時間かかってブルーマウンテンに着きました。
みんなで協力し合って目的地に着いた感じでした。

昨日シカゴを出て以来、山というものはなくてあるのは平原と湖だけでした。
この辺も人家もほとんどなくあっても牧場でした。
広々とした、北海道のような美しい景色が続きます。
ひたすら平原の中を車で行くと
突然、ブルーマウンテンビレッジが現れました。

引用
ブルース半島の付け根、ジョージアン・ベイの最南端にあるのが、オンタリオ州有数のリゾートエリア、ブルー・マウンテン。
山のふもとにできた瀟洒なリゾートビレッジを中心に、周辺の山、そして森、湖を舞台に四季を通じて様々なアウトドア・スポーツが楽しめる場所です。標高452mと小さな山ですが、山頂からはジョージアン・ベイも見渡すことができ、眺めは最高。
トロントから2時間程度でアクセスできるため、週末などに気軽に足を伸ばせるリゾートとしても親しまれています。

ホテルやお店やコンドミニアムがある広いリゾート地です。
なんとかたどり着くことができました。
ブルーマウンテンは夏は自然、冬はスキー場です。
この辺には山がないので、ここにしかスキー場がないみたいでした。
そして多くの人が集中する場所のようです。
スキー場にはたくさんのゲレンデがあります。
どうも冬のスキー場の方がメインみたいなところでした。
DSCN1530
とてもきれいで素敵なところでした。
私たちが泊まったのは、ビレッジの中心から少し外れた静かなところです。
DSCN0710
夜はライトでちょっとおとぎの国みたいな感じでした。
DSCN0658
私たちは自炊なので、スーパーまで買い物に行って夕食を食べました。やれやれ!

キッチン
DSCN0716