マウナケア(ハワイ島)の夕日がとてもきれいでした。
その時の写真やビデオがそのままになっていたので、動画に作りました。
作りながらその時のことを思い出しました。
DSCF6226

画面よりももっともっと雄大で、感動でした。
 

レンタカーでは危険だとのことで、ツアーを申し込みました。
午後に出発して、中腹のオニズカ・ビジターセンターに着きました。
ここで夕食のお弁当を食べ、休息しながら高度に体を慣らしました。

DSCF6166

このセンターの向こう側には保護された、シルバーソード(銀剣草)があります。
動物に食べられてしまうので、柵を張り巡らせて保護しています。
人間は自由に入ることができます。
DSCF6159
思った以上に大きくてきれいで驚きました。
DSCF6146

DSCF6144

ハワイとヒマラヤでしか見られないとされる貴重な高山植物(キク科)で、
銀色の鋭い葉先が剣に似ていることから「銀剣草」と呼ばれています。

ハワイ島ハレアカラ山頂付近(標高約3,000m)、
マウイ島マウナケア山頂付近(標高約4,000m)、
ヒマラヤでしか見られないとされる貴重な高山植物です。

成長すると茎の高さは2mにもなります。
春から秋にかけて茎のまわりにたくさんの花をつけるものもありますが、
花が咲くまでには数十年かかると言われています。
一度花を咲かせて種を残すと枯れてしまいます。

ヤギ、ウシに食べられ、人間による採集などによって、減ってしまったということです。
絶滅危惧種です。手を触れると、法律で罰せられます。


休憩の後、マウナケア山頂を目指します。
4WDですが、道が舗装されていないところが多くて、ガタガタ揺れます。
シートベルトをしていないと、椅子から放り出されそうです。
乗用車では無理だというのが納得できました。

高山病にならないための注意を聞きながら進みます。

水を飲み、血液の流れを常によくしておくこと、寝ないことでした。
眠くなっても居眠りしないように言われました。
水を飲みながら外の景色に目を凝らします。
ガタガタものすごく揺れるので、怖くて居眠りどころではありませんでした。
DSCF6261
山頂の展望台に着きました。
マウナケアの山頂が見えます。
そしてたくさんの天文台。

フード付きのものすごく分厚い防寒着を借りて着ます。
それでも寒さを感じます。
DSCF6181
左の角ばったのが日本のすばる望遠鏡です。
右の丸いNASAの天文台は銀色で、夕日を浴びてキラキラ光っていました。
DSCF6225
白いカナダ・フランス・ハワイ大学の天文台が真っ白で、とてもきれいでした。
手前の大きなのはカナダのジェミニ天文台です。
DSCF6187
イギリスの赤外線望遠鏡です。
DSCF6266
小さいのもありました。スミソニアンとCSOです。
DSCF6194

DSCF6260

時間がたつと雲がオレンジ色になってきました。
DSCF6290
写真を撮りましたが。シルエットだけになりました。(*^。^*)
DSCF6236

DSCF6249

DSCF6253

DSCF6278-1
本当に素晴らしい体験でした。
高山病が心配なので、あまり長く居ることができません。
星を見たかったのですが、戻りました。

その後オニズカ・ビジターセンターに戻って天体望遠鏡で星の観測の予定でしたが、
月が明るくて、少し雲が出てきたので、星はほとんど見れませんでした。
残念でした。
でも月の写真を撮りました。
DSCF6294