映画 エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)

ev_web_main_large


映画の紹介にはこう書いてあります。

ヒマラヤ山を望むネパールの首都カトマンズで、山岳カメラマンの深町誠が発見した1台の古いカメラ。
そのカメラは、イギリスの登山家ジョージ・マロリーが、1942年6月8日にエベレスト初登頂に成功したのか否かという、登山史上最大の謎を解く可能性を秘めたものだった。
カメラの過去を追う深町は、その過程で、かつて天才クライマーと呼ばれながらも、無謀で他人を顧みないやり方のために孤立した伝説のアルピニスト・羽生丈二と出会う。
深町は羽生の過去を調べるうちに、羽生という男の生きざまにいつしか飲み込まれていく。


私はエベレストに憧れて映画を見ました。
きっと素晴らしいエベレストの山々が見えるのではと、期待をして見に行きました。

ところが、ネパールの町や登山風景が沢山出てきて、あんまりエベレストの遠景が出てきませんでした。
登山風景も嵐の場面が多く
登山風景もその場のアップなので山全体が見えませんでした。
これならエベレストに行かなくても、他の山でも撮れるかもなどと思ってしまいました。

ストーリーを楽しむために見る人には良いのかもしれませんが
私のようにエベレストの美しい姿をを見たい楽しみたいという人にはいまいちでした。

それと、登山家をちょっと崇高に描きすぎと思いました。
なんとなくストーリーもしっくりしませんでした。

期待していったので、ちょっとがっかりでした。
映画館はガラガラでほとんど人がいませんでした。
俳優の方や制作の方はすごく苦労して作ったのだと思いますが、
ちょっと残念でした。