私の実家には”金のなる木”があります。
なんとこの冬に満開の花を付けました。
金のなる木は花がめったに咲きません。それが今年は満開に咲いていました。

DSC_9139 (2)


この金のなる木は知人から、5センチくらいの枝切ってもらって、私が育て始めたものです。
どんどん大きくなって、置き場に困り実家にもっていきました。
そこでさらに立派に育って、まるで木みたいに大きく育ちました。
私が育てていた間は一度も花は咲きませんでした。
実家に行っても花を咲いたところを見たことがありませんでした。

それが・・・
今年は白い花を満開に咲かせていました。
びっくりぽんでした!!

DSC_9134

和名は「フチベニベンケイ」ですが、、「カネノナルキ(金の成る木)」という通名で広く知られます。
ちなみに木ではなく多年草で、園芸では多肉植物として扱うことが多いそうです。

 金のなる木は、乾燥や低温などの厳しい環境に適応し、世界中に分布するベンケイソウ科に属する丈夫な植物で、もっぱら金のなる木、またはカゲツ(花月)として流通しているそうです。

DSC_9136

和名:フチベニベンケイ(縁紅弁慶)  その他の名前:成金草(なりきんそう)、花月(かげつ)

科名 / 属名:ベンケイソウ科 / クラッスラ属

DSC_9141

”金のなる木”の御利益があったのか、
今日の抽選会で映画券3000円分が当たりました。

ありがたや!ありがたや!