図書館ねこデューイ 町を幸せにしたトラねこの物語

画像


今朝の新聞に本の紹介の写真が載っていました。
まだ読んでいませんが あんまり可愛い写真だったので、絵にしみてみました。

アメリカの図書館のボックスに捨てられていた子猫。
図書館長の計らいで図書館で暮らすことになりました。
名前は公募でデューイとなりました。これは図書の分類法のデューイからとったのもだとか。
画像



朝は9時に入り口で図書館に来た人を迎え、失意の人や 弱った人のヒザの上で慰めたそうです。
図書館の利用者は増え、町おこしにもなったそうです。
18年間図書館で暮らしたデューイは、命を引き取りました。
そのデューイとの18年間のことを 館長が本に書いたのだそうです。
画像