今日
若い彼は亡くなった。

彼は、数年前に父を亡くした。
残されたのは、母と、妹と、彼。

そして、先月、
母を突然の事故で失った。
タクシーに乗っていた母。
赤信号で停止しいるところに
ブレーキの壊れたトラックが激突した。
変わり果てた姿の母に対面した。
もう、人の形を残していなかった。
残されたのは妹と彼。

いつもの彼だった。
悲しみに耐えながら働いていた彼だった。
その彼を、寒気がおそい、高熱が襲った。
インフルエンザ。
今、病院にいると聞いた。
その、数時間後
彼が一時間前に亡くなったと知らされた。

彼には恋人がいた。
赤ちゃんが2月に生まれる予定だ。
でも、彼の母の突然の死で、
入籍だけで結婚式は来年に伸ばした。
その入籍は、今度のの金曜日の予定だった。

何ということだ。
何と言う無慈悲なことだ。

そして 妹だけが 一人残された。

父に会えない彼の赤ちゃんが残された。
結婚式前の恋人が残された。

何ということだ。
何と言う無慈悲なことだ。

私は悔しくて
悲しくて
何を恨んだらいいのか
何をしたらよいのか
わからない

この世は無慈悲だ
神も仏もないものなのか・・・



見上げてごらん夜の星を
亡くなった彼にささげます。

亡くなった、本田美奈子さんが歌っています。
彼女も若くして亡くなりました。
どんなに心を残して逝ったことでしょう。 .

p001