友人と鎌倉にヒガンバナと萩を見に行きました。

昨年はちょうど今頃だったのですが、今年はもうヒガンバナも萩も見ごろは過ぎて色あせていました。
今年は、秋が早く来ているようです。
東慶寺でちょっとがっかりしていると、とても良い香がしてきました。
香りの方を探すと金木犀でした。
この香ですっかり癒されて、やっぱり来てよかったねと、にっこり笑顔が出ました。

お気に入りのカフェでコーヒーを飲んでいると、新しいお花を活けて飾るところでした。
見ると、真っ白いホトトギスの花です。
真っ白いホトトギスの花は初めて見たので、思わずお店の方に
「きれいですね~。白いホトトギス初めて見ました。」
と声をかけてしまいました。
そうすると、ほかのところに飾るはずのお花だったらしいのですが、
「しばらく、どうぞ。」
と言って私たちのテーブルに置いてくださいました。
そのホトトギスは、お店の方の庭に咲いていたものだそうです。

画像


画像


それからなんとなく、ぶらぶらと北鎌倉から鎌倉まで歩いてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

これは、まだ咲き残っていた花です。
画像


画像


画像


画像


前に行った時の秋の鎌倉の花です。この時は見ごろでとてもきれいでした。